IMG_6652

ボス戦→輪の都→篝火到着



ダークソウル3 〜THE RINGED CITY〜プレイ日記Part9です
※完全にネタバレになるので注意


スポンサーリンク



前回はDLC第2弾の初のボス戦「うろ底のデーモン」と「傷ついたデーモン」さらには「デーモンの王子」と激闘を演じた。
もうボス戦は複数相手+2連戦が当たり前になって来ましたね、デモンズの時は連戦は無かったし複数のボスっと言ったらマンイーターくらいしかいなかったよね?

前回のDLC第1弾はボスは2体でしたので、今回はもしかしたら輪の都に後1体のボスが待ち受けていてそれで終わりですかね?何だか少ない感じがします、ボス戦は難しいけど面白いのは事実なのですよ

もっとたくさんいて欲しいね


輪の都探索開始


では、今から早速「輪の都」の探索を開始する!装備はこのままゾーイ装備で良し!私の目の保養になる

篝火から出発する前にある事を思い出した
それは輪の都に到着して篝火に向かう間に、変なキモい奴がいたのだ!話しかけずにスルーしていた

とりあえずそいつに話しかけに行くか、見た目が気持ち悪かったので一瞬敵かと思って攻撃しそうになった
フロムさんいきなりこんな容姿の奴を登場させないで下さいよ、敵と間違えちゃうじゃん!


IMG_9677
こいつ!

これは敵と間違えそうになりますわ
でも近付くと会話が出来る

IMG_9678
IMG_9679

「ん?神の使いかだって?」

何やら選択肢が出て来た、きっとこのキモい奴は信者か何かなのだろう・・・それなら利用するまでだ
アホだから神を演じれば貢ぎ物でくれるだろw


「そうだ、我は神の使いなり崇めよ!」


IMG_9680

「こ、こいつぅッ!!」


「暗い魂が欲しいんだろ?隠すなよ俺はあんたの味方なんだぜ….ひひひ」

なんて言って来た、味方なのか?このキモ信者は・・・
もう一度話し掛けると

「なあ、あんた、暗い魂が欲しいのなら崖下のフィリアノール教会に向かうといい」
「そしてそこで、王女の眠りを壊すがいい・・・その眠りはまやかし糞溜めの蓋、お前から、暗い魂を遠ざけるものさ」


なんてヒントを言われた、王女の眠りを壊すか・・・
つまり俺の愛のkissで目覚めさせれば良いのだな!よし!フィリアノール教会とやらに急がねばっ!


大歓迎されたと思ったら・・・


ではキモ信者との話も終わったし先に進む、結局あいつ何もくれなかったな・・・
選択肢間違えたのがダメだったのか?


IMG_9392
これからこの「輪の都」の本格的な探索が始まる

「緊張してきた・・・」


篝火から先へ進むと階段があるのだが、そこへ行くと遠くから「ゴォーン…ゴォーン…」と言う金の音?のような物が聞こえて来た
すると目の前に「輪の都」の住人と思われる人達が突如あらわれたのだ!

何やらオレンジ色の影のような人達・・・

私を歓迎してくれてるようだな、金の音まで鳴らして都中にお知らせまでしやがって・・・
「おいおい、そんなに歓迎されたらテレるじゃないか」

IMG_9681
「おーい、歓迎ありがとう!やっと輪の都に辿り着いたよ!」

手を振って観衆に応える


IMG_9682

「グサッ!グサッ!グサッ!グサッ!グサッ!グサッ!」


IMG_9683
IMG_9684


「ファッ!?」


矢の雨の中を突破する


「ふっ、今のが輪の都式の歓迎方法って奴か」

しかし、あれだけの無数の矢が飛んでくる中どうやって進めばいいんだ?そしてあのゴォーンって音も気になる
少し様子を探ってみるか・・・


暫く上から様子を探るといくつか分かったことが
IMG_9690
この遠くに見える巨人

こいつがどうやらゴォーンと言う音を鳴らしてる奴みたいだ
そして、ゴォーンと音がなるとファントム達が現れ一斉射撃をしてくる

あの巨人を早く始末しないと・・・

進むルートを少し上から考えてみる
IMG_9689
ん?どうやらあの墓石に隠れれば大丈夫そうだな

所々に墓石が置いてある、この墓石に隠れながら進めと言う事か・・・ルート少しでも間違えれば串刺しだな

「よし!とりあえず行って見るか」


IMG_9763
ダッシュで墓石の場所に到着

ここはファントム達の弓攻撃は全く当たらない
しかし、ここからどう進めばいいんだ!?

今来た道を振り返ってみると階段の横から奥へと進む道があった

「進むのはこっちかな?」

無数の矢が飛んで来るなか回避しながら進むと・・・

IMG_9764
虚ろ一式装備発見

虚ろ装備ってダークソウル2にいたあの虚ろの衛兵装備かな?まさかこの輪の都って虚ろの衛兵の故郷か?

こちらは虚ろ装備があっただけで行き止まりであった
やはり墓石の先へと進まなければならないようだ!別ルートで進むのか?とか甘い事を考えてたがやはり違った・・・


再び墓石の陰に隠れながら次の隠れる墓石を探す、ファントムが消えた瞬間に次の墓石の陰へと行かねばならない
しかもファントムが消えてまた現れるまでの時間は僅かなのだ、少しでも隠れる墓石を間違えれば串刺し間違い無し


IMG_9765
ファントムは矢を三回放つ、放ち終わったら即移動開始

IMG_9766
「ん?次の隠れポイントはあそこか!」

IMG_9767
「ふぅ…ここなら安全そうだ」

第2の隠れポイントへ到着、ここに来たら前からと後ろから矢が飛んで来る、このポイントは背後にも墓石があるので後ろから飛んで来る矢も防いでくれる

「さぁて次の隠れポイントは何処かな?」

この第2ポイントからいろいろと見てみるも中々隠れそうな場所が見えない!これは困った
仕方ないここは強行突破だ!途中できっと隠れる場所が見つかるだろ


IMG_9768
「よし!今だダッシュ!!」


IMG_9769

「ぬおぉぉぉぉっ!!」
「か、隠れる場所がないっ!!」


IMG_9770

「はうわっ!!」

IMG_9771

見事なまでの串刺しの刑!あっと言う間に絶命しました
変な骸骨剣士まで現れやがったし・・・


第3隠れポイントから別ルートへ


うう〜ん、中々あの巨人までの道が遠い。
もう一度第2隠れポイントへ移動して辺りの様子を伺う・・・

「う〜んあそこは隠れそうかな?」

IMG_9809
墓石が見える

とりあえず死を覚悟してあの墓石までダッシュした!


IMG_9810


すると、ここはちゃんと安全な場所であった、第3の隠れポイント発見である
だがこのポイントに隠れると骸骨剣士が起き上がり向かってくるので注意!

私は突然の骸骨剣士の奇襲に焦り、骸骨剣士を撃退してた途中にうっかりとこの墓石の陰から出てしまった

IMG_9811
墓石の陰から出た瞬間狙い撃ち


次の瞬間、死んだ・・・


でも私は薄れ行く意識の中である物を目にする

IMG_9812
「あそこ飛び降りて進めるんじゃね?」

よし次はあそこに飛び降りてみよう
この矢の雨が飛んでくる場所よりきっとマシだろう


再び第3の隠れポイントへ移動後に墓石に隠れながら骸骨剣士を始末する
そして・・・


IMG_9817
IMG_9818
「とうっ!」


IMG_9819
先へ進める別ルートを発見!

「うおっ!ここなら矢は飛んで来ないぞ!」

途中でアイテムなどを回収しつつ先へと進む
IMG_9820
道中遭遇した結晶トカゲも始末した


結局行き止まりになるのだがその場所に梯子を発見する
そこを登ると・・・
IMG_9823
かなりショートカットが出来た!

「あの階段の先に巨人がいるのか!遂に辿り着いたぜ!」

この周りにも骸骨剣士が2体いるので先に倒して置きましょう、この2体を放置してると巨人と戦う時に邪魔して来るのでかなりウザい


VS巨人戦


「ついに奴を始末出来るな!調子に乗りやがって!」

IMG_9828
「せいぜい今の内に好きなだけ万歳やってろ」

一呼吸置き・・・

IMG_9829
一気に接近する!

当然ファントム達から狙い撃ちにされる
IMG_9830


この巨人の周りには隠れる場所はなく、私は恰好の的である
矢はタイミングよく回避すれば当たらずに済むのだが一度タイミングをミスし一発でも矢がヒットすると、怯んで硬直してしまう為にその後全弾ヒットして死は免れない

巨人の目の前に墓石が一つ置いてある
ここは唯一矢の盾に出来る場所なのでこの墓石の周りで巨人と戦おう
IMG_9831

巨人はいろいろな場所からファントムを呼び出す、周りをよく見渡してファントムがいる方向を把握して、この墓石の陰に隠れれば矢を防げる


巨人は座ったままで全く動かない、足元にいれば手で薙ぎ払う攻撃はやって来るが離れていればファントムのみ召喚する
巨人そのものは非常に弱いのだ!

如何にファントムの矢を避けながら巨人の体力を減らすかが重要なのである


矢ばかり気を付けていてずっと墓石に隠れて居たら痛い目にあう
IMG_9837
たまにこんなファントムも召喚します


後はひたすらHit&Away

IMG_9838
IMG_9839


ファントム召喚→墓石に隠れる→矢を撃ち終わる→巨人へ攻撃→ファントム召喚→

これをひたすら繰り返すのみである

IMG_9840

「はあぁぁぁっ!!」
「トドメだぁっ!!」


IMG_9841

この巨人の体力はそんなに多くはない、あっさりと倒せます


キモイのいた!


巨人を撃破するともうファントムは現れなくなる、先ほど矢の雨が降り注いで居た墓石のルートも平穏になったのでアイテム回収などを済ませた

巨人が座っていた場所から先へ進む道がある
IMG_9848
下へと続く階段だ

ここから輪の都内部へと進んで行くのか。


しばらく階段を降りて行くと・・・
IMG_9850


「な、何だこいつぅっ!!」
「キ、キメェーよ・・」


これ絶対敵だよね!?隠れてるつもりなのかい!?
丸見えじゃねえか!!

前を通り過ぎたら突き落とそうとするタイプの敵か?
たしかイルシール地下牢にも突き落とすゾンビいたよな?

ここは先手必勝!

「覚悟っ!!」

IMG_9851

「!!」

「話し掛けて来た・・・」


IMG_9852
意外に良い奴そうじゃないか!

しかしこの容姿は絶対敵だよね?フロムさん何度も言うけどこんな奴をいきなり配置しないで下さいよ
絶対敵だと思って攻撃した人いるよね?


IMG_9853
このキモイ奴と会話後、再び前進

別にアイテムとか何もくれなかったなぁ・・・
あいつの存在理由がわからん


篝火到着


さらに先へと降りて行くとまた何か目に入って来た

「ん?また何か隠れてる?」

さっきのキモイ奴の例があるのでまた話せるのかな?ゆっくりと近付いて見る
IMG_9858

ロックオン出来た!つまり今回は間違いなく敵って事だな、今度こそ先手必勝!

「とおりゃっ!!」


すると気配を察知したのか、隠れていた奴が「ヒャッハー」と飛び出してきた!
IMG_9859
これ気付かす通り過ぎてたら間違いなく突き落とされていたな・・・

こんな狭い場所で戦闘!?落下死だけは注意せねば!


「たあぁっ!!」

IMG_9860
一撃攻撃を喰らうも無事撃破


IMG_9861
さらにまた敵を発見!

今度の奴は何やら景色を眺めながら考え事でもしてるようだ・・・何となくわかるよその気持ち

ゆっくりと背後から近づく・・・

「そんなに景色が見たいのか?」

「見せてやるよっ!特等席でなっ!!」

IMG_9865
IMG_9866
IMG_9867

「ふぅ…きっと落下しながら綺麗な景色が見れただろう」


その後もちょこちょこと現れる雑魚敵を相手にしながら先へ進む、ここは一本道なので迷うことはない

IMG_9873
IMG_9874

下から這い上がって来たり、上から落ちて来たりとこの雑魚敵はいろいろは場所から急に現れる
よく警戒してないと急に背後にいたりするから注意だ


突き当たりの場所まで行くと建物内部へと入れる、そこに入ると・・・
IMG_9875
「おおっ篝火発見!」

IMG_9876

「ふぅこれで一息つけるな・・・」


スポンサーリンク



今回はここまで


輪の都の探索を開始してからいきなりファントムに矢で串刺しにされたりしましたが、無事次の篝火まで到着しました

今の所強い敵などは出て来てない状況ですね
ファントムの矢に何度かやられましたが、あれはトラップみたいなものだと諦めてます

道中に出会った気持ち悪いNPC2人は今後も出てくるのでしょうかね?それは少し気になる所ですね


ではまた次回、今度は記念すべきPart10になりますね
記念と言っても特に何もないですけどね


Part10でお会い致しましょう!